観光

観光&イベント情報一覧はこちら

 

観玖珠町周辺の観光スポット

自然と歴史が織り成す玖珠の町。
  ゆっくり歩いて新しい出会い。自分スタイルの旅に、さあでかけましょう。

玖珠町の観光情報はこちらもご覧ください。大分県玖珠町ホームページ

伐株山(きりかぶさん)

ひときわ目を引く台形の山は標高685m。地層侵食により形成された孤立丘で、テーブル状の高地はビュートとされています。昔々、天まで届きそうな大樟(おおくす)に日照りを奪われ困っておった村人たちだが、大男が苦労し伐り倒してくれたという民話も、自然豊かな玖珠の町ならでは。

慈恩の滝

山々を背景に清らかな水に恵まれた玖珠。日田市天瀬町との間にある慈恩(じおん)の滝。30mの高さから2段落としで流れ落ちる壮観な風景は大迫力です。

万年山(はねやま)

地層の侵食によって形成されたテーブル状台地で「メサ(mesa)」と呼ばれます。一般的に、丘の高さに比較して頂上の長い場合をメサ、短い場合をビュート(伐株山が代表例)とされます。万年山は上下2段からなる二重メサが特徴。初夏にはミヤマキリシマやツツジが咲き誇ります。

三日月の滝公園

大自然の中で遊ぼう!初心者もOKなカヌー体験、キャンプ、パークゴルフ、温泉、宿泊など、家族みんなで楽しめる施設がいっぱい。

豊後森機関庫公園

昭和45年〜46年に機関車はディーゼルにその役目を引き継いで姿を消す。当時の面影を偲ぶ旧豊後森機関庫と旧豊後森機関庫転車台が2009年に近代化産業遺産に認定、2012年に国の登録有形文化財に指定されました。毎年10月に機関車まつりが開催され、多くのファンで賑わいます。

小さな城下町「森町」で
童話の世界を散策。

豊後の藩の中でも最も小さな森藩を治めた久留島氏。当時の面影を感じながら、美しい国指定名勝の「旧久留島氏庭園」をゆっくり散策。自然育む民話のふるさとは、一寸法師や金太郎、桃太郎の像が散在し、童話の町として、毎年5月5日に「日本童話祭」が催されます。